アンティークのある美しい暮らし

アンティークだけが持つ可愛さ、素敵さを伝える場所になりたい。
自分の店を作ろうと思ったきっかけは、これです。

私が最初にアンティークと出合ったのは、
ずいぶん昔のニューヨークです。
当時、美術学校に在籍していた友人の画家を訪ねて、
思い切って渡米したのです。

何しろ私ときたら、それまで海外渡航歴ゼロ。
倉敷にいながら、瀬戸内海を隔てた四国にさえ
行ったことがないという、
完全土着民的生活を送っておりました。

初めて降り立ったJ.F.ケネディ空港、
お約束のように上ったエンパイア・ステートビル。
何もかもが新鮮で、こわごわながら、
ニューヨーク街歩きの楽しさに
徐々に目覚めていったのです。

とりわけ夢中になったのが、蚤の市巡りでした。
当時、6thアベニューにあった
「アネックス・ウィークエンド・マーケット」というガラクタ市は、
衝撃的でした。
遭遇した途端、アドレナリンが体じゅうをめぐるのが、はっきりわかりました。

わおっ、楽し〜っ!
楽し過ぎる〜っ!

うず高く積まれたボロの山、そして用途不明の小物たち、、、。
煤けたガラクタを、よくよく目を凝らしてみれば、あるある!
スカラップされた花模様のハンカチ、アイアンの錆びたフック、銅のヤカン、、、

掘り出す楽しさに、すっかり夢中になってしまい、
手がちぎれるほど買い込んで、ふうふういいながらホテルへと帰ったものです。

あれから、ん十年。

買い付け場所がヨーロッパ中心に移った今も、
アメリカの50年代のビンテージ品の素朴な可愛さは、
私の心をとらえて離しません。

その時代ならではの技法や文様、
流行やブームに支えられたムーブメント。
これらの集積を具現化した物が、アンティークです。

その魅力と価値を伝えたい。

国を超え、時代を超えて、
私の手元に来た愛すべきアンティークを、
次の持ち主へとバトンを渡すように、つないでいこう。

そんな気もちで、アンティークと接しています。

個々のアンティークが持つ小さな物語の続きが、
あなたの元で紡がれていきますように。
そして、アンティークのある美しい暮らしを
していただけますように!

カテゴリー
Furniture
Antique & Collectibles
Handicrafts
Accessories
Vintage paper
Crafters work
Original products

かごの中を見る

ブログ
Brand-new Ms.Daisy 店主のブログ
Facebook
Instagram
実店舗について
デイジーストア外観写真
Daisy Store[デイジーストア]
〒710-0055
岡山県倉敷市阿知2-21-10 ANTICA2F
Tel & Fax ⁄ 086-476-0551
Open ⁄ 11:00〜18:00
定休日 ⁄ 火曜日
ショップ情報

このページのトップへ